おすすめ

電気圧力鍋とホットクック

道具の比較 ホットクックと電気圧力鍋

うちに電気圧力鍋とホットクックがやって来たいきさつを少々。

ロジカル家事本を読んで、読み終わらないうちに電気圧力鍋をポチっとした私。で、その後ホットクックを購入。
ふたつとも電気を使う鍋であることは同じなはずなのになぜ2台勝ったのかという話。

パナソニック 電気圧力鍋 マイコン式 3.7L ノーブルシャンパン SR-P37-N

こちら、初めに買った電気圧力鍋。単純に、ガスと違って電気なら、はじめに設定すれば加熱中はほったらかしにできるからいいな、と。で、家族がいることを考えると容量の大きいのもが良かった。プラス、勝間さんの本で、加熱方法の話があって、肉は低温で調理したらおいしいっていう話が出ていたので、なら低温設定もできるものがいいかな、ということでコレを買ったのでした。

野菜と肉が含まれる煮物などをつくる場合には、野菜だけのときには低圧か高圧で調理して味を染み込ませて、肉と酒を加えて低温調理。適当にやってみただけなんだけどすごくおいしかった!

牛肉とか豚バラスライスとか鶏肉で試してみたんだけど、要するにパサっとなったら嫌な肉は低温調理が良いみたい。一度鶏モモ肉(パサっとしづらい)を低温調理したら、火は通っているんだけどなんだか生っぽい感じで落ち着かない仕上がりになった。笑

モモ肉とか、手羽など、もともとパサっとしづらい肉については圧をかけてやわらかく仕上げたほうが良いのかなという気がしてる。

そのあたりの操作を手動でやってるんだけど、直感的にすぐ操作できて電気圧力鍋はすごく使いやすかった。

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 1.6L レッド KN-HT99A-R

続きまして〜ホットクック。
これはね、もう知ってるひとは知ってるんだけど、勝間さんが使ってるんだよね。ホットクックに混ぜる機能があるという話をメルマガで読んで、「自動で加熱してしかも混ぜるってすご!!」と思ってた。温度が高いって話が出ていて、実際使うと確かに肉類は低温で仕上げたほうがおいしい。でもそれを差し引いても私は、この「勝手にできてる感」に感動。

加熱は今の家電は賢いからいろいろできる。そこに混ぜる機能が加わったらホントにすごいことになるじゃないか!と思って、でも電気圧力鍋は持ってたし、うーん…と悩んだんだけど、結果から言うと電気圧力鍋よりも活躍しております。

カレーとかシチューとかが、材料いっぺんに入れてポチポチっとスイッチ押しておくだけでできる。大根の煮物とか肉じゃがも勝手にできる。

密閉してつくるから水分をとばすということができないんだけど、混ぜる機能を使うことで「炒める」に近い状態の調理もできる。小学生の子どもにガス火で料理をさせるのはちょっと心配だけど、これからおまかせできちゃう。というか、今後おまかせしたいので、お母さんは「見守り力」を上げられたらと考えております…。<見守るの苦手。すぐ口だしちゃう。(´∀`υ)

WP 記事中広告



WP 記事中広告



このblogを応援してくださる方は下記のバナーをクリックしてください!<(_ _)>

 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 

-おすすめ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よく使うメニュー

うちのホットクックですよ。 以前参加したホットクック講座で、よく使うメニューをマスキングテープに書いて貼ってあるのを見かけて、なるほどなーと思いつつ今までやってなかった。(あれはどなたのホットクックだ …

ホットクックあんこでたい焼き

先日のホットクックあんこのあまったやつを冷蔵庫に入れておいて後日たい焼きをつくったのでした。結構いっぱいつくったと思うんだけど、思い返すと私いっこも食べてない! 子たちに食べられたんだった。 たい焼き …

ビール冷やすやつ

ビール冷たいままにするアレ

今年は夏後半に、弟からこれがいいよと教えてもらって、amazonのあやしげなとこでちょっと心配しながら買ったらちゃんと届いて、それからは結構活躍してくれてた! でもビールの時期が終わったら使わない! …

たまごかけごはん

たまごかけごはん

仕事始める前はひとりの昼ごはんをたまごかけごはんで済ませちゃうことが結構あったのだけど、最近食べてなかったのでいただきましたとさ。 モニターでかき醤油というものをいただいたのでそれをかけて。 うん、こ …

紀伊国屋のメアコルンブロート

紀伊国屋のドイツパンが好き

すみません。最近ごはん買うことが多く、カレーとミートソースくらいしかつくってなくて更新できなかった…。 平日時短でやらせていただいているお仕事は、結構忙しいのだけど、私はかわいい子たちのもとに帰らねば …

最新の記事

サイド広告



RSS